HUGっと!プリキュア 第6話 感想『笑顔、満開!はじめてのおしごと!』

 放送日 2018年 3月10日

 脚本 広田 光毅

 絵コンテ 角銅 博之

 演出 角銅 博之

 

3人そろった記念のデート!

 今回はプリキュアが三人になった記念として、はな・さあや・ほまれの三人が森太郎の経営するホームセンターにお出かけをして、そのまま花屋さんでバイトをすることになった!
 そのためにミライパッドで花屋さんの服にコスチュームチェンジをしたけど、ハピネスチャージのプリカードやキューティーハニーみたいに、不思議な力で色んな職業になりきったりするのかな? 
 はな達は気合を入れて仕事を頑張る。だけど、はながうっかりバケツを倒してしまい、店の中を水浸しにするせいで怒られてしまう……仕事の大変さや、また理不尽な客を相手にする場面もきちんと描写して、その上で次に活かそうと頑張っている。うん、このデートはとっても素敵だね。

 

いなくなったはぐたんをさがせ!

 一方でクライアス社ではチャラリートが降格(ていうか解雇?)を宣告されてしまい、今度は課長のパップルが出撃することになった! ショルダーフォンという機種を使っていたけど、正直ショルダーフォンの存在すら知らなかった……服装やダンスを考えると、やはり一昔前のバブルをイメージとしたキャラクターなのかな?
 そしてハリーはお買い物をしている途中、うっかりはぐたんから目を離してしまったせいで、はぐたんが子どもに持っていかれてしまった! ハリーははぐたんをさがそうとするけど逆に迷子になってしまい、迷子センターではな達に迎えに来て貰うことになってしまう……確かにホームセンターは広いから、慣れないと迷子になるのも仕方がない。ハリーもまだこっちの世界に慣れていないだろうし。
 はぐたんは子どもと一緒に遊んで、派手なジャンプをして見知らぬ男性のカバンに入ったりと、かなりダイナミック。でも森太郎のおかげで何とか再会できた。
 実際、子どもは放っておくと何をするのかわからない。親だって、いつでも子どもを見ていられるとは限らないし、ハリーはかなりプレッシャーになるだろうな……

 

笑顔にできるお仕事とさあやの正体

 パップルはオシマイダーを呼び出してプリキュアに戦いを挑むけど、肝心のプリキュアはパップルのことを全く知らない。初対面だから仕方がない……
 パップルは自分のやっていることを仕事と言うけど、プリキュアはそれを断固として否定する。人の意志を奪って、自分の思うがままにこき使うのはただの横暴だから、プリキュアの敵は社会問題となっているブラック企業の上司を上手く体現させている。
 それでも、仕事は本当なら楽しいこと。自分が好きなことで誰かを喜ばせて、そして社会を笑顔にする。それこそが仕事の本質であるので、もっと仕事の楽しさも広めるべきなんだよね。
 そしてはな達がしている仕事の楽しさを記事にアイディアをすみれは持ちかけて、さあやが『野菜少女』であることに気付いた。さあやは公式サイトのキャラ紹介だと、人気子役として活躍していたと書いてあったから、次回はそれについて触れていくのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)