HUGっと!プリキュア 第8話 感想『ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!』

 放送日 2018年 3月25日

 脚本 坪田 文

 絵コンテ 菱田 正和

 演出 平池 綾子

 

アンリはほまれの栄光のために

 かつてスケート選手として輝いていた頃のほまれのライバルであるアンリが再びやって来た! アンリはほまれに再びスケートの世界に戻って欲しいと願って、モスクワへと連れていこうとする。
 そして、そのためにはなとさあやをほまれから引き離そうとしている……はなはほまれを応援してくれているけど、それが逆に重荷になるというアンリの意見もまた正論になる。
 ハリーも言っていたけど、ただ応援することなら誰にでもできる。でもそのポジティブさが相手を縛る原因にもなって、そして視野を狭めてしまう……本当に、応援というものは難しいんだよね。

 

ほまれが変われたきっかけとは

 だけど、はなが応援し続けてくれたからこそ、ほまれは新しい世界に飛び込むことができた。
 さあやとも心を通わせて、ハリーやはぐたんとも出会うことができた。特にハリーは今回、ほまれに対して「自分の心に素直になることが大事」と大人らしい助言も贈っていた。みんながはなと一緒にほまれを応援してくれたからこそ、ほまれはまたスケート選手としての道を歩いている。
 だからこそ、パップルに対しても「むだな時間なんかない!」と言い放つことができた。どんな経験でも、当人が変わるきっかけにもなり得るし。
 そして今回のアンリの叱咤を受けて、はなもまた自分の言動に対して疑問を抱くようにもなって、今後の糧にもしてくれそう……応援が喜びにもなれば、苦しみにもなると既に知ったのだし。

 

ほまれは未来を、アンリも新しい一歩を求めて

 ほまれの変化を認めたアンリは、なんとほまれが通う学校に転校してきた! しかも、ほまれたちがプリキュアであることを見抜いている! つまり、アンリくんが4人目のプリキュアである可能性も……
 プリンセスプリキュアのゆいやハピネスチャージプリキュアの誠司みたいに、プリキュアをサポートする同世代の子のポジションとしてアンリは動くのかな? 彼のようなイケメン転校生がいれば、女子生徒から疑いを持たれてもごまかしてくれそう。
 そういえば、去年もイケメン転校生としてリオが登場したんだよね……彼もまた、いちかを敵対視しながらも、最終的には成長に導いてくれたのが懐かしい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)