アイカツフレンズ!  第1話 感想『ハローフレンズ!』

 放送日 2018年 4月5日

 脚本 柿原 優子

 絵コンテ 五十嵐 達也

 演出 藤井 康晶

 作画監督 宮谷 里沙

 アイカツシリーズの最新作となる『アイカツフレンズ!』がついに放送された!
 アイカツシリーズは初代から見ていて、あかりジェネレーションやスターズの方も視聴していることが多かった。途中、ケーブルテレビの再放送でも初代を何度か見返していた覚えがある……
 今回のアイカツフレンズ!も楽しそうだし、またシリーズが5年も続いたおかげなのか映像が更にきらびやかになっていた。

 いちご・あかり・ゆめの歴代の主人公が偉大なる先輩に憧れを抱いて、そこからアイカツに飛び込んでいったけど……今回のあいねは新しい友達のみおに影響を受けてアイカツを始めたことが新しかった。
 いちごにはあおい、ゆめには小春のようにアイドルのことが詳しい幼馴染がいたけど、あいねは全くのゼロからアイカツに飛び込んでいくことになりそう。だけど、既に人気アイドルとして活躍しているみおが隣にいるから、わからないことがあってもすぐに教えて貰える?
 第一話からハードなトレーニングをすることになったから、みおとフレンズになるまでのハードルはとても高そう……だけど、友達100万人を目指すあいねなら大丈夫!

 ペンギンカフェになっている実家も、これまでのアイカツでは見られなかった新しい一面だし、これからもっと楽しくなっていきそう……
 アイカツフレンズの期待が大きすぎて、既に漫画も買ってしまった。

 アイカツフレンズ!STYLE1 2018年 04月号 [雑誌]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)