HUGっと!プリキュア 第10話 感想『ありえな~い!ウエイトレスさんは大忙し!』

 放送日 2018年 4月8日

 脚本 広田 光毅

 絵コンテ 小山 賢 三上 雅人

 演出 三上 雅人

 

ミライパッドが見せる新しいお仕事

 フードフェスティバルでお仕事をすることになったはな達。ミライパッドの力でさあやとほまれは可愛らしいウエイトレスさんに変身したけど、なぜかはなだけがたこ焼き屋のおやじさんみたいな格好に……ハリーはミライパッドに考えがあると言ったけど、女子中学生にこの格好は辛い。めちょっくになるのもわかる……
 それでもはなは一生懸命にお客さんを呼び込もうとするけど、なかなかうまくいかない。それに加えて、たこ焼き屋のおやじさんもかなり気難しい人間で、重苦しい雰囲気が漂ってしまう……
 一方でさあやはミライパッドを使ってお客さんを案内して、ほまれはスケートを駆使して軽やかに料理を運ぶという大活躍を見せている。さあやはまだしも、お祭り会場で料理を運びながらスケートの移動は難易度が高すぎる気がする。でもスケート選手を目指したほまれだからこそのテクニック?

 

さあやとほまれ、そしてはなの仕事の頑張り

 輝いているさあやとほまれを見て、どうしてもはなは劣等感に苦しんでしまう。それでも、ひなせははなだけの個性があると認めてくれるけど、はなの心には届かない。
 いつもなら、はなはみんなにエールを贈っていて、それへの恩返しが来たのだろうけど……それが逆に苦しみになってしまう。ほまれがまだ挫折に苦しんでいた頃、はなの応援を重く受け止めてしまったけど、今ははながその苦しみを体験しているのが辛い。
 そして接客をしている最中、お客さんを笑顔にすることができて、たこ焼きが売れるようになった。だけど、はなは自分が笑われたと思い込んで、その場から逃げ出してしまった……仕事のミスが続くと逃げ出したくなる気持ちは充分にわかるし、自分にもそういう経験が何度かあった。
 おやじさんもそんなはなの気持ちを充分に理解していて、きちんと励ましたいけど、どうしても厳しくなってしまう。確かに商売はお客さんを満足させることがメインであって、妥協をすることは許されない。でも心情的には一緒に働く人も応援したいけど、そのための言葉を知らないとキツくなる……本当に難しいよね。

 

変身できないはな!? そしてはぐたんが……

 おやじさんはその心の闇に付け込まれてしまい、パップルによってオシマイダーにされてしまった! パップルも失敗続きで、チャラリートと同じ目に遭わされてしまう焦りから余裕がなくなっている!
 はなは変身しようとするけど、イケてる自分になれてない負い目からかキュアエールに変身できなくなっていた。せめて、そこに駆け付けたアンジュとエトワールを必死に応援するけど、やはり二人だけでは倒すことができない……
 オシマイダーの攻撃がはなに襲い掛かろうとした瞬間……なんと、はぐたんが自分のアスパワワを使ってオシマイダーを浄化した! まさかはぐたんにそんな力があったとは予想外……
 だけど、そのせいではぐたんは疲れ果ててしまい、眠りに落ちてしまうことに。これは、はなにとってあまりにもショックだろうな……

 はなにとって大きな挫折を描いたのだろうけど、それを1クール目の終わりで描くのは意外だった。今までだと、中盤または3クール目の終わりにプリキュアの挫折が描かれるイメージが多かったから……フレッシュはイースの正体明かし、プリンセスでははるかの絶望みたいに。
 沈みゆく夕焼けがとても切なかったし、果たしてはなはどうやってこの挫折を乗り越えていくのか……?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)