風来坊となるヒーローは、次元を超えて力を合わせた先輩たちの戦いを振り返る ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 第23話&第24話 感想『勝利への剣 激闘! ウルトラマンエックス』&『光る大空、繋がる大地 集結! 3大ウルトラマン』

 放送日 2018年 6月9日、2018年 6月16日

 脚本  三好 昭央(23話)、林 壮太郎(24話)

 監督 坂本 浩一

 諸々の事情で更新が遅れたので、今回の前後編は1記事にまとめることにした……たまにはこういう更新の仕方もいいよね?

 『新ウルトラマン列伝』で展開された『ウルトラファイトビクトリー』の地続きになるように放送されたウルトラマンエックス・ウルトラマンギンガ・ウルトラマンビクトリーの三人が揃い踏みする前後編。
 ウルトラファイトビクトリーの話にジュダ・スペクターが黒幕として登場したけどビクトリーに倒されて、その復讐としてモルド・スペクターとギナ・スペクターが宇宙人を引き連れて総攻撃を仕掛けてきた。原典は『アンドロメロス』だけど、流石にアンドロ超戦士達まで登場させることはできなかったよね……2014&2015のウルフェスだとゲスト参戦して、また2017だとゾフィーがメロスの鎧を纏ってグランドキングと戦ったことはあったけど。
 モルドはビクトリーを圧倒して、そのままエックス次元の地球に引きずり込んだだけでなく、エクシードXすらも圧倒する程の力を見せた。そしてショウはビクトリーランサーを失って、顔に鉄製のマスクをつけられたけど……これはレオに客演した郷さんがアシュランにつけられたものと同じマスクだよね。
 次回はウルトラマンレオの話を振り返るから、何だかタイミングの良さを感じてしまう。

 XIOの助けもあって、ショウはビクトリーランサーを取り返すことができてマスクを外して貰えたけど、大地の戦い方に怒ってしまう……大地もXIOに入隊しているから格闘能力はあるはずだけど、剣を使った戦い方には経験がないんだよね。
 だからショウは大地に特訓をしたけど、その戦い方は荒っぽい。本人曰くゼロより厳しいらしいけど、10勇士でゼロがヒカルとショウにやらせた特訓と比較すると随分とハードルが低く見えてしまう……そんなゼロもレオから地獄の猛特訓をさせられたけど、ウルトラマンの特訓が厳しいのは伝統なのかな? もしかしたら、オーブが受けた特訓もかなりハードかもしれない……
 特訓の甲斐があってかショウの懐に飛び込むことができて、そしてエックスに変身してもモルド・スペクターとも互角に戦うことができた! 一方でXIOもマグマ星人やシャプレー星人、そしてギナ・スペクターとも戦っていたけど……アリサとアスナの二人が本当に活躍してた。
 やっぱり、坂本監督のこだわりかな?

 そしてグア軍団が次元を超えて襲い掛かると思いきや、既にギンガに変身したヒカルによって倒された模様。そのままギンガはビクトリーやエックスと共に、モルド・スペクターすらも圧倒する。
 原典のグア軍団はキングジョーグやベムズンみたいな怪獣型戦艦も用意していたから、そんな連中すらも軽々と倒してしまうギンガのスペックは凄まじくなってる……
 ギンガはあのダークザギとも互角に戦ったから、グア軍団を相手にしても負けないのかな?
 そして次元の歪みすらも修復して、三人のウルトラマンは顔合わせをする。今でこそ7人にまで増えたけど、この頃はまだニュージェネレーションヒーローはたった三人だけだったんだよね。

 ヒカル達はXIOの基地に辿り着いて、ウルトラマンや怪獣は人間と絆を深め合うことができるとメンバーに説いた。そして、怪獣との共存を目指す大地にコスモスやセブンのことも伝えたけど、怪獣と共に過ごしてきたウルトラマンの存在は大地にとって重要でもあるよね。
 怪獣との共存は初代から掘り下げられてきたけど、ニュージェネレーションに入ってからその課題について掘り下げられる機会が増えてきたような気がする。ガイアやコスモスも、怪獣との共存について何度も作中で考えられてきたし。
 一方、そんな怪獣達を兵器として利用しようとグア軍団は企んで、メカゴモラを導入した。この時、マーキンド星人は情報を提供したけど、恩を仇で返すように殺害されたのが不憫……『ULTRASEVEN X』以降、久しぶりの出演だったのに。
 そしてメカゴモラは工場を襲撃した。この時、逃げ惑う工場員として自分もエキストラ出演できたことは思い出に残ってる……だから、今回の話にはシリーズでもトップクラスで思い入れが深くなるんだよね。

 アスナとアリサはXIOのサイバーゴモラと力を合わせてメカゴモラに立ち向かい、大地達はギナやシャプレー星人と激闘を繰り広げた。シャプレー星人はギナの盾になったけど、グア軍団の忠誠心はかなり高いのかな。ギナだって、躊躇なくモルドに魂を捧げたし。
 現れたグア・スペクターを相手に、三大ウルトラマンは奇跡の同時変身を披露したけど、やはり見栄えがとてもいい。
 ギンガサンダーボルトと、エレキングのスパークドールズやサイバーカードを利用した電撃攻撃を与えるけど、グアはその程度で怯まなかった。
 だけどウルトラマン達だって負けない。エクシードXとギンガビクトリーという奇跡のコンビによってグアを圧倒し、見事に勝利を納めることができた。

 大地はヒカルとショウ、そしてアリサと別れを告げて、エックスの力によって3人は元の次元に戻ることができた。
 ガイはそんな彼らの絆を見届けて、そして劇場版ウルトラマンオーブで展開したような4大ニュージェネレーションヒーローの集結も見せてくれた。この1か月は過去のウルトラヒーローの紹介に入っているけど、この番組は『ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE』だから、やっぱりガイの存在も忘れることはできない。
 ルーブではオーブダークという謎の巨人も登場するみたいだけど、その存在についてもクロニクル内で触れていくのかな。ルーブの放送も近くなっているけど、この番組が最後に何を見せてくれるのかも非常に楽しみ。できるなら、またジャグラーの姿もこの番組内で見てみたい。

 
特撮ランキング

【送料無料】 ウルトラマンオーブ 完全超全集 てれびくんデラックス / 間宮尚彦 【ムック】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)