HUGっと!プリキュア 第20話 感想「キュアマシェリとキュアアムール!フレフレ!愛のプリキュア」

 放送日 2018年 6月17日

 脚本 坪中 文

 絵コンテ 佐藤 順一

 演出 三上 雅人

 総作画監督 山岡 直子

 作画監督 松浦 仁美

 美術 山口 大悟郎

 

残されたプリハートはたった一つだけど、二人の気持ちは変わらない

 えみるとルールーはプリキュアになることを願っているけど、残されたプリハートはあと一つだけ! だから、一人しか変身することができないけど……はなは力づくで真っ二つにしようとした。無論、ハリーに止められてしまうけど……変身アイテムを真っ二つに分けようとしたプリキュアは、はなが初めてになるかな。
 奇跡が起きない限り、一人しか変身することができず、えみるとルールーは帰宅をすることに。二人は同じ道を歩いて、それぞれの家に帰るために反対側の道を歩くけど、日の光に当たると同時に「また明日」と同じタイミングで声を掛け合う場面に、二人の絆を感じてしまう……

 そんな二人のため、はなとさあやはプリハートを増やす方法を考えるけど、見つからない。はなはどこかに売ってないかと考えるけど、さあやはこの時代には無いとツッコミを入れる。見事なテンポだけど、どこかメタ的な意味が含まれているようにも感じてしまう……変身アイテムを購入するって、現実の世界で流行してるプリキュアのおもちゃのこと?

 ほまれはハリーと一緒に買い物をする中、彼を問い詰める。ハリーは隠してたつもりはないと言い張るけど、ほまれはまだ何か謎があると察してそう。それにしても、この二人はどんどん距離が縮まっていくと同時に、物語の謎もどんどん解き明かされていく気がする。多分、ハリーがクライアス社の事情に詳しいことも、ほまれは疑ってそう。
 そんな二人の前にあの謎のおじさんが現れて、はぐたんの頭をなでる。はぐたんは泣き出す訳でもなく、ただ無表情のまま彼を見つめて、おじさんも意味深な微笑みを向けて去ってしまった。
 ハリーとほまれは彼をいぶかしんだけど、特に何も起こらないまま終わった……はぐたんはてっきり泣き出すかと思いきや、ただ彼を見つめていたことが意外。おじさんはクライアス社の関係者と思ったけど、実はまた違う正体があったりするのかな?
 

 

応援のあまりに倒れるはな。ほまれはえみるを、さあやはルールーを引っ張っていく

 野乃家の朝食にめんたいポテトチーズトーストが出てきて、森太郎による奇跡が起きた! ことりはお気楽な奇跡と皮肉るけど、すみれは奇跡はいつでもすぐそばにあると諭してくれて、それをルールーは真剣に聞いている。
 そんなルールーのすぐそばには、顔が真っ赤になったはながふらつきながら歩いていた! ルールーが驚く中、はなは勢いよく倒れてしまい、学校を休むことに……それでも、えみるとルールーを応援していた彼女の根性は褒められるべき。
 元気が取り柄のはなが休むことに、じゅんなとあきは本気で驚いていた。はなが風邪をひいた真相は、えみるとルールーがプリキュアになれることを流れ星にお願いしたら、そのまま寝てしまい……体調を崩してしまう。夜中に外で寝たら本気で体調を崩すだろうから、これは確かに危ない。
 だけど、えみるとルールーだけでなく、さあやとほまれの応援だってしていたから、本気でみんなのことが大好きなんだと伝わってくる。まさに、はならしい風のひき方かな?
 そんなはなははぐたんとハリーに看病されながらも、アスパワワが消えてないかを心配している。きっと、アスパワワは体調不良だけでは消えないから大丈夫……だよね?

 ほまれはえみるの手を取りながら、はな達と出会えて変われたことを振り返った。そしてえみるに憧れて、負けたくないという気持ちをさあやは見抜く。
 えみるは輝いていて、そんな彼女にルールーは嫉妬しているけど、それはえみるをよく知っているからこそ生まれてくる感情。だから親友にもなれると信じているのは、保育園でルールーと対決したことがあるさあやだからこそ言えるのかな。
 そしてえみるはギターを弾くけど、もう正人はそれを咎めたりせず……むしろルールーとえみるのライブチケットをプレゼントした程。これで、もう二人の間の確執も消えたのかな?
 そんな正人はアンリにこれまでの振る舞いを謝罪したけど、アンリは微塵も気にかけず、むしろ正人の変化とえみるの才能を感心している様子。しかも、アンリと名前呼びを許してしまう。
 アンリのポジションは一貫したままだけど、それでも人は変われると信じるようにもなっている。彼自身は自分の心にずっと正直でいたからこそ、はなを成長するきっかけにもなったし、また正人だって変わることができたんだよね。

 

えみるとルールーの絆は大きな愛を生んで……ふたりはプリキュア、キュアマシェリとキュアアムールが誕生する!

 丘の上でえみるとルールーはハグをし合い、えみるはギターや音楽を好きでよかったと……ルールーはえみるといると制御不能になると、互いに告白をし合い、二人揃えば最強・無敵になれるとハイタッチをする!
 ライブ当日・はなも体調が回復するようになったけど、まだ完治とは言えずに家で休むことに。さあやとほまれは夢に向かって突き進み、そしてえみるとルールーはライブ会場へ。 
 だけど肝心のバンドメンバーが自由に音楽をやらせて貰えず、それが原因でパップルによってオシマイダーにされてしまった! 暴れまわるオシマイダーからえみるをルールーは庇い、そしてえみるもまたルールーを守るように立ち上がった。えみるはいざという時に、迷わず自分の体を盾にできる度胸は本当に凄い。まさにヒーローの素質がある。
 そんな二人を助けるためにキュアエールが現れて、友達の夢を応援するのがプリキュアだと啖呵を切る。さあやとほまれは夢に向かって進んでいるから、今回はたった一人で戦い抜こうというその決心は素敵。自分にはまだ何もないからこそ、何かを持っている人を全力で応援できる姿勢こそがはなの魅力だよね。

 エールを応援するえみるとルールー。
 彼女達の心からミライクリスタルが生まれるけど、プリハートはたった一つだけ……だけど、えみるとルールーは一緒にプリキュアになりたいという願いに応えるように、5つ目のプリハートが現れて、ふたりはプリキュアに変身した!
 美しさ・絆・やさしさの三拍子が揃った愛のプリキュア……キュアマシェリとキュアアムールに大変身をして、エールを助けに駆け付ける! ついにふたりはプリキュアになった彼女達は、完璧なチームワークで戦い、そしてオシマイダーを浄化した!
 その奇跡にエールは感動して、二人を抱き締める。マシェリとアムールもはぐたんのお世話をするようになって、ようやくプリキュアが5人に揃った奇跡を成し遂げてくれた。
 でも、はなの風邪はまたぶり返しそうになるけど……これも奇跡で治ってくれるよね?

 

 ふたりが奇跡を成し遂げたことを祝福するかのように、今度の秋映画がオールスターズの帰還というとんでもない奇跡を実現してくれた。
 しかも歴代とは違って、15周年記念の一環なのか歴代プリキュアが全員喋るというあまりにも豪華な内容。これまでの春映画はそのシリーズの追加戦士はどうしても加われなかったけど、今回は既にHUGっと! プリキュアが進んでいるから、マシェリとアムールもオールスターズの物語に加わることができるみたい。
 きちんとルミナスがセンターに立っているのが芸が細かいし、個人的に思い入れの強いGo!プリンセスプリキュア以降のプリキュア達ともまた会えることが本当に嬉しい。
 もちろん、全員集合してくれることも嬉しいけど、はぐプリ勢と初代ふたりはプリキュアがどんな活躍を見せてくれるのかが今からとても楽しみになってしまう……

【送料無料】バンダイ HUGっと!プリキュア おしごといろいろ!プリキュアミライパッド プリキユアミライパツド [プリキユアミライパツド]


We can!! HUGっと!プリキュア/HUGっと!未来☆ドリーマー [ 宮本佳那子 ほか ]

アニメージュ 2018年 07月号 [雑誌]

HUGっと!プリキュア キューティーフィギュア3 Special Set (食玩)[バンダイ]《08月予約》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)