風来坊となるヒーローは兄弟で戦うヒーローの物語のはじまりを見届ける ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE 第26話 感想『届けオーブの祈り! 新たなる英雄(ヒーロー)登場!』 

 放送日 2018年 6月30日

 2018年1月よりスタートした『ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE』もついに最終回を迎えて、新しいウルトラヒーローであるウルトラマンR/Bことウルトラマンロッソとウルトラマンブルの二人を見届けるスペシャルが放送された!
 ガイはO-50 戦士の頂に訪れたけど、この場所が映像で出てきたのはオリジンサーガ以来になるかな? そしてオーブの力が光となって、ガイにロッソとブルの存在を教えていたけど、オーブの力は意志を持っていたんだね。でも、ガイもウルトラマンと一体化した……とはまた違うかもしれない。
 タロウクリスタルに込められた炎の力を合わせてオーブのバーンマイト・ジードのソリッドバーニング・ゼロのストロングコロナゼロをそれぞれ紹介していたけど、つい最近まで劇場版やクロニクル内で見てきたばかりのはずなのに、既に懐かしく感じてしまう。ジードだって、ロッソとブルの立派な先輩になったと考えると、感慨深くなる。

 水の力が込められたブルのギンガクリスタルから、アグルを紹介したのは凄く上手い人選だ。実際オーブはオリジンサーガでアグルとも共演したけど、オリジンサーガの映像を使わなかったのは色々な事情があるのかな?
 そしてオーブの水の力にも触れたけど、クロ二クル内で展開されなかった『私の中の鬼』を紹介してくれたことも嬉しい。この話はナオミの闇についても描かれていたけど、今のガイがナオミの闇をどう振り返ったのかもちょっと気になってしまう。
 ルーブの二人はそれぞれのクリスタルを交換したり、また歴代のウルトラマン達のようにスラッガーを用いて戦い、それに合わせてスラッガーを使うウルトラマン達のことも紹介していた。
 エメリウムスラッガーやハリケーンスラッシュを通じてセブンやゼロの勇士を振り返って、セブンやレオとフュージョンライズしたジードの戦いも見てくれた。
 そしてカツミとイサミの二人を取り巻く人々を見て、ガイもSSPのみんなやジャグラーとの繋がりがあったからこそ、どんな困難でも乗り越えられると信じられるのは、本当に説得力があった。

 夕焼けの川辺で、楽しげに話し合うカツミとイサミを見届けながら、ガイは密かに応援をしていたけど……クレナイ・ガイの冒険はまだまだ続いていくんだよね。O-50でオリジンサーガの姿を最後にほんの少しだけ見せたことに切なさを感じたけど、またどこかでガイは帰ってきてくれる気がする。
 ガイとの別れはTVだと二度目になるけど、今度は寂しさよりもまた会える期待の方が大きかった。オーブ本編で語られたように、この空の下で繋がっているだろうから……

 
特撮ランキング

7月7日発売予定 【送料無料】 ウルトラマンR/B ルーブ DXルーブジャイロ

【送料無料】 ウルトラマンオーブ 完全超全集 てれびくんデラックス / 間宮尚彦 【ムック】

劇場版ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!(特装限定版)【Blu-ray】 [ 濱田龍臣 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)