兄弟で戦うヒーローは愛する街のため、ヒーローを演じるダークな男に戦いを挑む! ウルトラマンR/B(ルーブ) 第11話 感想『アイゼン狂騒曲』

でも、この街を守れるのは……
いや、あいつを倒せるのは俺達しかいないよな?

 放送日 2018年 9月15日

 脚本 伊藤 公志

 監督 武居 正能

 

民衆の危機を救ったふりをするマコトを前に、湊兄弟は怒りを見せるが……

 マコトが操るホロボロスに敗北して、そのままマコトが変身するオーブダークとの戦いを苦々しく見つめるしかできない湊兄弟。オーブダークとホロボロスの戦いに巻き込まれて、ビルがどんどん壊れていくのを見逃せるわけがなく、湊兄弟は変身しようとするけどルーブジャイロは反応してくれない。
 ダーリンによってオーブダークとホロボロスの戦いが中継されて、オーブダークが懸命に戦っているように魅せられたせいで、まるで彼がヒーローのようになっている! オーブダークはホロボロスの動きを無理矢理止めて、ダークオリジウム光線で撃破すると……当然ながら、街の人達は歓喜した。
 そんな民衆の前にマコトが現れて、オーブダークがまさにヒーローのように宣言するけど、湊兄弟が納得できるわけがなく、必死にマコトが黒幕だと叫ぶけど信じてもらえない。マコトも英雄として崇められたまま、その場を去った。

 マコトも湊兄弟の頑張りは(表面上だけど)褒めて、そして特別湊兄弟を責めたりはせず、むしろ街の人達が何を求めているのかを涼しげな表情で話したけど……黒幕であるマコトが言う資格はないよね。街の人達の希望にはなれたけど、マコトが騒ぎを起こしたせいでそもそも街の人達がショックを受けることもなかったし。
 一方でオーブダークが撃破したホロボロスのクリスタルに手を伸ばす謎の手が……今回から『謎の女性』としてサキがOPにも追加されたけど、その分だけマコトとウシオが割を食ったように見えるのは残念。
 そしてマコトは手を振りながら現れたけど、これは渋川さんを意識した登場なのかな。

 

オーブダークが街の英雄と崇められる光景を前に、湊兄弟は今後に悩むが……

 すっかり街のヒーローになってしまったオーブダークの姿を見て、何もできずにただTVを消すことしかできない湊兄弟の心境は本当に苦しそう。去年もリクはジードとゼロを比較されて落ち込んでいたけど、カツミとイサミは全ての真相を知っているから、余計に苦しくなるよね。
 そんな二人を励まそうと、ウシオは正義の見方というTシャツを見せて、正義も別の見方では意味合いが変わると励ましたけど、これはヒーローのフリをするマコトに対する皮肉にもなっているのか。そんなマコトは夕日を眺めながらオーブニカの鼻歌と共に、ラムネを口に含んでいるけど……本当にオーブが好きなんだね。
 ウシオはミオとの交換日記を眺めながら、息子たちを心配しているけど、ウシオにはどうすることもできないんだよね。二人がウルトラマンだってことは家族にも話すことはできないし。アサヒ曰く、毎晩大いびきをかいているみたいだけど、何となくそんな光景も想像できてしまう……

 自分達の力不足を痛感し、マコトの言葉をきちんと受け止めてしまい、湊兄弟も一度は一緒に海外に行こうかと笑いあった。でも、マコトの破壊活動を知っているからこそ、街を離れるわけにはいかないし、本当に離れてしまったらそれこそ町はもっと壊されてしまう。ウルトラマンとしての自負があるからこそ、誰かに認められなくとも戦い続けられるから、二人とも立派なヒーローになったよね。
 大切な人がいるからだろうけど、湊兄弟の場合は隣で戦っているのが大切な人でもあるから、余計にその大切さを痛感できるのだろうし。

 マコトはウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツの脚本を用意して、第3話のシナリオ通りにベゼルブを呼び出して、オーブダークに変身して人々の声援に酔っている。マコトの暴走を止めるため、湊兄弟は走るけど……そんな二人についていくようにアサヒも走った。

 

湊兄弟はウルトラマンとしての戦いを決意し、オーブダークとベゼルブを前に果敢に立ち向かったが……!?

 オーブダークの物語・第3話もクライマックスに差し掛かろうとしたけど、そこにロッソとブルが颯爽と駆け付けて、二人のキックが叩きこまれた! 一男蹴って、また次男……になって、マコトはシナリオを邪魔した湊兄弟に怒りを見せる。
 でも湊兄弟こそ怒っていて、後ろから迫り来るベゼルブに対して同時に肘鉄を食らわせながら、2対2の戦いが始まった。ブルはオーブダークを相手に互角に戦えるようになって、ロッソもベゼルブの動きに翻弄されながらもうまく立ち向かっている。
 クリスタルチェンジでアクアとグランドの力を活かし、兄弟ウルトラマンは見事にベゼルブを倒した! シナリオが破綻してオーブダークが落胆する一方、ロッソとブルはいつものかけあいで戦いを締めた所を、アサヒに目撃されてしまう。
 そのままオーブダークはロッソとブルに襲いかかり、じゃれ合いのような戦いが始まりそうになった途端……謎の女性が現れて、新たなるジャイロでホロボロスを呼び出した!

 ホロボロスの全身から大量の稲妻がほとばしり、咆哮と共に立ち上がった! マコトも知らなかったようで、めっちゃ驚いている。
 最後は謎の女性・サキのカットと共に物語が締めたけど、次回はついに前半クールのラストになるからどんな決着を迎えるのか楽しみになる。アサヒも兄達がウルトラマンであることを知るみたいだし。
 武居監督の言う『ウルトラマンとして独り立ち』という言葉の真意が気になるし、ホロボロスの戦闘力やそれに立ち向かう縄文土器作戦も本当に楽しみ。
 
 

 アサヒこと其原有沙氏が言うように、ホロボロスはマジでヤバい暴獣だった。
 果たしてどうやって倒すのか……?

 
特撮ランキング

7月7日発売予定 【送料無料】 ウルトラマンR/B ルーブ DXルーブジャイロ

【送料無料】 ウルトラマンR/B ルーブ DXオーブリングNEO

ウルトラマンR/B Blu-ray BOX I【Blu-ray】 [ 平田雄也 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)