HUGっと!プリキュア 第36話 感想「フレフレ!伝説のプリキュア大集合!!」

『キラキラ☆プリキュアアラモード』じゃなくて……
『Hugっと!プリキュア』がはじまるよ!

 放送日 2018年 10月14日 

 脚本 村山 功

 絵コンテ 村上 貴之

 演出 ひろしま ひでき

 総作画監督 山岡 直子 宮本 絵美子

 作画監督 アリス・ナリオ フランシス・カネダ

 美術 山口 大悟郎

 

Hugっと!プリキュアの前に現れたのは、かつて力を合わせたキラキラ☆プリキュアアラモードと魔法つかいプリキュア!

 冒頭よりドクター・トラウムの強化スーツが猛威を震い、プリキュアは立ち向かうけど……そこにいるのは大先輩となったキラキラ☆プリキュアアラモードのみんなだった!
キラパティで同窓会をしていた所で、時を越えたトラウムが現れたのかな。
 そしてはなの挨拶も始まり、キラキラ☆プリキュアアラモードではなくHugっと!プリキュアの始まりを告げてくれる。はながキラプリのことも話していることは、やはりスーパースターズも時系列になっているんだね。
 クローバーくん、またはなたちの前に来てくれるかな?

 場所と時間が変わって、ビューティーハリーではHugっと!プリキュアのみんなが集まって、ビーズで5人のブレスレットを作り、絆を固めていた。
 プリキュアの伝統であるビーズアクセサリー作りを楽しんでいる中、はぐたんの力によって空のかなたから……キラプリの皆さんが現れて、いちかとはなはぶつかった! ひまりはルールーに受け止められて、他のみんなは無事に着地。だけど、みんな中学生の体に縮んでいる!
 プリキュアたちを小さくさせた犯人のトラウムもやってくるけど、そんなトラウムを追ってきたのは魔法つかいプリキュアのみらいとリコ、そしてはーちゃんとモフルンだった! みらいとリコも立派に大きくなったエンディング後の時代から現れたけど……やっぱり、トラウムの光線によって小さくなった!
 トラウムの科学は魔法すらも越えていて、懐かしの姿に変えてしまうほど。だけど、みんなは一切動揺せずに変身しようとしたけど、ゆかりが待ったをかける。
 この姿じゃ気分が乗らないというゆかりの要望に答えようと、はーちゃんの魔法で懐かしのコスチュームが揃って、一斉に変身した! スーパースターズのEDでも一緒にいたシーンがあったけど、ゆかりさんとはーちゃんは実はいいコンビだったりする?

 魔法つかいプリキュア、キラキラ☆プリキュアアラモード、そしてHugっとプリキュアが勢揃いして、スーパースターズ以来の大集合になった! 今回はマシェリとアムールが加わっているので、なおさら豪華になっている。
 プリキュアみんなで力を合わせるけど、相手がトラウムであるおかげなのか、どこかほんわかした戦いになっている。そんな中、マジカルは顔面から地面に落下したものの、本人は堂々と着地しただけと言い張った! いつものマジカルで微笑ましい。
 妖精たちもドタバタとしたスーパースターズのバトルを見届けながら、はぐプリの一同が放つ決め技が見事に決まった!

 スーツが無ければ退職していたとトラウムは焦りながらも、リバースザタイムによってスーツを回復させた。でも時間を戻しすぎて、完成する前の状態まで逆戻りしてしまい、いやんとセクシーポーズを取ってしまう。温泉といい、この人は妙に色気と縁がある?
 夜なべして作ったスーツと共にトラウムが退却したおかげで、プリキュアたちはひとまず勝利をおさめた。でもトラウムの発明でいちご山と魔法界の時間は止められたままで、クライアス社も把握している様子だけど、やはりクライアス社は歴代のことも知っているのかな。

 

Hugっと!プリキュアが出会うのは、プリキュア5のキュアドリームとフレッシュプリキュアのキュアピーチ! そしてクライアス社に就職したブンビー!

 プリキュアたちに2チームに別れて、はなとさあやはキラプリと、ほまれとえみるとルールーはまほプリや妖精たちと行動することになった。
 そして魔法のほうきに乗ったプリキュアたちを迎えたのは、フレッシュプリキュアのキュアピーチこと桃園ラブだった! 家族のタルトとシフォンも一緒にいて、みんなでダンスや育児の話で盛り上がったけど、育児ならドキドキプリキュアも忘れてはいけないよ。
 えみるから時間を止められると警告されたけど、絶対に止めさせないために練習すると高らかに宣言したラブの姿はまさにレジェンド伝説の戦士。来年で10周年になるからね。

 一方ではなたちも、前になぎさとほのかの二人と出会った話を思い出しながら、他のプリキュアを探していると……空腹で涙を流すブンビーさんが現れた! ブンビーさんが喋るのはDX2以降になるから懐かしいし、まさかの人選にビックリした。
 ブンビーさんはキラパティでスイーツをたらふく食べて、クライアス社に引き抜かれた涙の物語を紙芝居で振り返った。Gogoの最終回だと起業してたはずだけど、その成果でヘッドハンティングされたのかな?
 彼の口ぶりから、プリキュア5のことをはなたちは知るけど……またしてもブンビーさんはおかわりを申し出た! やはり5の住民は大食いだね。

 そしてはなたちはついに……プリキュア5GoGoのキュアドリームこと夢原のぞみと出会った! しかものぞみはさあやをTVで見たことがあり、さあやもうららを知っているみたい! 美希やまこぴー、きららも有名になったりするかな。
 それぞれの職業を活かしたやりとりを見ていると、まさにオールスターズという感じはするし、本編が終わった後も彼女たちの物語はまだ続いているように見えて感慨深くなる。
 ただ、時系列や世界観に関しては……もう気にしない方がいいよね? まほプリ最終回のいちかや、学年が進まないプリキュア5とか!

 

Hugっと!プリキュアは街の時間を止められても決して諦めず、そこに駆け付けるのは……!?

 和気あいあいとした雰囲気になりつつあるプリキュアたちの前に、またしてもトラウムが現れて……かつてのオシマイダーを呼び出した!
 迎え撃つプリキュアたちで、みらいとリコは魔法つかいプリキュアに変身しようとするけど……間違えてはぐたんと手を繋いでしまった。はぐたんもくまさんの格好をしてるけど、
モフルンがちょっと不憫。
 のぞみとラブも久しぶりに変身と名乗りを披露して、プリキュアたちは有利に立つけど……負けじとトラウムも世界の時間を止めてしまう!
 変身していない歴代プリキュアと、妖精やブンビーさんを含めて時間が止められてしまったけど、はなたちは決して諦めていない。
 そんな彼女たちの気持ちに答えるように……マックスハートの三人も駆けつけてくれていた! 今回はちゃんとルミナスもいて、次回と劇場版が楽しみになる終わり方だった!

 TVでは始めてとなる本格的な歴代とのコラボで、EDでは歴代チームの名前を呼ぶなどスペシャルなコーナーもあった。
 それぞれのシリーズの魅力が発揮されてて、初代だけじゃなく5とフレッシュの正当続編と呼ぶにふさわしい話だった。
 次回、どんな具合に盛り上げてくれるのか本当に楽しみ。

HUGっと!プリキュア vol.1【Blu-ray】 [ 引坂理絵 ]

Febri特別号 プリキュア15周年アニバーサリーブック【電子書籍】[ Febri編集部 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)