兄弟で戦うヒーローの妹は、種族を超えたハッピーなイベントを開催して盛り上がる ウルトラマンR/B(ルーブ) 第17話 感想『みんなが友だち』

怪獣の到着予測は2ヶ月後!
それに対し私達は殲滅活動を実施します!

 放送日 2018年 10月27日

 脚本 皐月 彩

 監督 辻本 貴則

 

ハロウィンの会場を探そう館に訪れるアサヒたちの前に、サキが現れる

 ウルトラマンでもハロウィンのイベントが始まって、アサヒはクワトロMでハロウィンパーティーを行おうとしても、カツミが認めてくれなかった。カツミはハロウィンの騒ぎを咎めていたけど、これはハロウィンに乗じて酷い騒ぎを始めることへの遠回しな叱責か?
 一方でダダも大御所を招待するために会場の準備をしていたけど、眼兎龍茶やラーメンが用意されていたのは地味に芸が細かい。OPもハロウィン仕様になっていたし、提供の画面もきちんとハロウィン版のウルトラマン達が用意されていたのも面白いね。
 そしてハロウィンたちはピグモンをハロウィンの仮装と勘違いして可愛いと言ってたけど、赤いたわしと呼ばれたのはちょっとあんまりだ。確かにたわしにも見えなくもないけど……
 今作のダダはかなりお調子者だけど、前作のジードに比べると本当に空気が違うね。女子高生の人気者になっていたのを見ると、今作のダダは恵まれているように感じる……

 

ハロウィンの飾りつけで絆を深め合うアサヒとサキは、互いに想いを語り合う

 アサヒのお誘いでツルちゃんもハロウィンに参加して、ガッツ星人のコスプレをすることになったけど、リアルで怪獣娘になってしまった! アサヒの友だちもエレキングやゼットンになったけど、これは怪獣娘の映画宣伝かもしれない……
 ツルちゃんは昔、亡くなった家族に対して『無能な身内』と吐き捨てたけど、その出来事がきっかけで今のドライな性格になったのかな。アサヒからの提案で、湊兄弟に頼るように言われても断固として拒否したし。
 そしてアサヒから言われたままぶりっ子ポーズを決めたけど、湊兄弟が出た途端にいつものしかめ面になりながらもポーズをそのままにした絵面はどこかシュールだった……

 

ハロウィンでひと騒動が起きて大御所様が訪れてアサヒはハッピーになり、サキもハッピーな態度で……

 湊兄弟がウルトラマンであることを知って、ダダの中で何かが切れて衝動的に巨大化した! 確かに同族を何度も倒したウルトラマンが二人もいては、動揺するのも無理はない。
 ダダも懸命に頑張り、ブルの頭を燃やしたり遥か遠くの車をミクロ化させたけど……流石に金色の宇宙を相手になっては勝ち目がなく、両手を燃やされた挙句にダダがミクロ化させられた!
 流石に今回はダダ自身も大した悪事をしていない以上、湊兄弟としてもダダの命を奪う訳にはいかないし、大御所ことブースカからのお仕置きもかなりコミカルだった。
 平成の時代にブースカが映像で登場するのはかなり久しぶりになるかな? 『BOOSKA+』も連載されていたけど、やはり映像できちんとブースカが動く姿を見るとちょっと微笑ましくなる。

 そしてコミカル満載だった本編だけど……最後の最後にツルちゃんがハッピーそうな笑顔でとんでもない宣言をしたことが恐ろしい。怪獣の到達や地球壊滅のお知らせは今までに見たことのないほど明るい笑顔だっただけに、これから恐ろしい災厄が訪れるというインパクトもより伝わってきてしまう。
 

 
特撮ランキング

7月7日発売予定 【送料無料】 ウルトラマンR/B ルーブ DXルーブジャイロ

【送料無料】 ウルトラマンR/B ルーブ DXオーブリングNEO

ウルトラマンR/B Blu-ray BOX I【Blu-ray】 [ 平田雄也 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)