兄弟で戦うヒーローは地球の危機の真実を知り、新たなる脅威を前に立ち向かう ウルトラマンR/B(ルーブ) 第20話 感想『星屑の記憶』

ジャイロがあってもなくても関係ない。
目の前で救える命があれば全力で守り抜く……それがウルトラマンってものだろ!

 放送日 2018年 11月17日

 脚本 小林 雄次

 監督 伊藤 良一

 大怪獣ルーゴサイトの襲来や、そしてツルちゃんにルーブジャイロを奪われたことで湊兄弟がピリピリしてしまい、イサミは何としてでも取り返そうと焦っていて、カツミはツルちゃんの意図を汲み取って話し合おうとする。
 だけど、イサミは裏切ったツルちゃんを信じられるわけがなく、何があってもジャイロを取り戻すべきだと主張するけど、コマ姐を失いそうになった件を引っ張ったことでもあるのかな。イサミからすれば、ツルちゃんもマコト社長も怪獣を操って街を混乱させている事には変わらないし。
 アサヒはツルちゃんを友達だと思っていて、また実際に命を救われたことがあるからこそ、悪い人ではないと言い切れるんだよね。事実、ツルちゃんは兄たちを目の前で失ったからこそ、その遺品だけでも取り戻したいと願うのは真っ当だし。
 ウシオだけが世界の危機を前にしても、ウルトラマンが助けに来てくれると信じていたけど……今の湊兄妹にとってあまりにも重い言葉になるよね。迫り来る脅威に対して何もできず、悔しがっているからこそ喧嘩が起きてしまったし……

 ツルちゃんもマコト社長とは違うと言い張り、エネルギー吸収装置をたった一人で使ったのも本人の責任感の表れだろうけど……そのせいで消耗して、グランドキングメガロスの力を制御できずに狂ったのかな?
 利用していたマコトと同じように、初心を忘れて暴走する姿はどこか切ない……グランドキングメガロスはもちろんのこと、今回はゴモラもなかなかの強さだったし、まさに怪獣殿下と呼ぶにふさわしかったかも。
 グランドキングメガロス戦を前にまた喧嘩をしたせいか、兄弟は力を一つにすることができずにルーブになれない。それでも、カツミとイサミはとっさにかばい合うなど、きちんと互いを思いやっていることは伝わってくるけどね。

 

 アサヒはツルちゃんから聞いた話をイラスト化したけど、兄達2人には不評で、絵がへたっぴといじけてしまう! 本人の口ぶりからして、自覚はあったのかな?

 

 そしてグランドキングメガロスの必殺技を前に、兄弟ウルトラマンが危機に陥るという場面で……またしても、次回に続くことになってしまう!
 次回はついにミオ失踪の真実が明かされるようになるけど、この流れでツルちゃんは湊兄妹にどうやって伝えていくのかが気になるね。ツルちゃんもアサヒはともかく、湊兄弟については敵対心を持っていたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)