HUGっと!プリキュア 第49話 感想「輝く未来を抱きしめて」

この子の名前、決めてるの……!
はぐみ……よろしくね、はぐたん!

 放送日 2019年 1月27日 

 脚本 坪田 文

 絵コンテ 佐藤 順一、座古 明史、坪田 文

 演出 岩井 隆央

 総作画監督 川村 敏江、宮本 絵美子、山岡 直子

 作画監督 フランシス・カネダ、アリス・ナリオ

 美術 西田 渚

 プリキュア15周年を記念したHugっと!プリキュアもついに最終回を迎えて、みんながそれぞれの未来を歩き出した!
 いつもの明るい1日が始まって、1年前のようにはなは前髪を切ろうとしたけど失敗し、食卓に走るけど、今度はハリーとはぐたん、そしてルールーもいる。そしてことりもお子ちゃまなはなを笑いながらも、エールの正体を知ってからは、はなを誉めてくれるようになった! でもはなには気づかれないようにぽそっと呟いている。
 長かったクライアス社との戦いもついに幕を下ろして、未来に帰ろうとするハリーやルールー達との最後のお別れの前に、みんなは1日だけお出かけをすることに。
 はな特性のたこ焼きを食べたり、ハグマンでお買い物をしたり、映画を観に行ったりもしたけど……映画館の中にはいつぞやの天狗がいる!? はなたちのおかげで天狗も人間社会に認められるようになったのかな。

 平和になって、トラウムは未来に帰るための列車を作ったけど、まさか帰るとカエルをひっかけたギャグを込めたデザインなの? メカの前にたまたま通りかかったふみと君のトゲパワワに反応して猛オシマイダーが発注されたけど、最後までトラウムはやらかしてくれるね!
 はなたちはプリキュアに変身して、猛オシマイダーとの戦いが始まって、そこに次回作の主人公であるキュアスターこと星奈ひかるも駆け付けてくれた! 星のようにきらびやかで、めっちゃイケてるキラやばーなひかるとはなはすぐに仲良くなって、ミラクルユニバースでの再会が楽しみになってしまう。
 そしてはぐたんのペンってスタプリ本編でも登場するのかな?

 
 猛オシマイダーは浄化されて、ひかるとはなは一旦のお別れが訪れた後、未来を生きるみんなとのお別れが近付いていた。瞳が綺麗になったクライも別のシーンで一瞬だけ映っていたけど、彼だけこの時代に取り残されるの? 荒野で一人さすらっていたけど、もしかして彼は何もない場所を緑豊かな地にするつもりなのか……
 みんなは現代に残ることもできたけど、未来の世界は退廃しているようだから、復興のためにも帰らないといけないんだよね。はなたちとはぐたんたちは笑顔でお別れをしようとするけど、やっぱりどうしても涙が出てしまうし、本当はもっと一緒にいたいに決まっている。
 はぐたんだって、周りの様子に何かを察して大泣きするけど、はなとのお別れは避けられない。それでも、未来でまた会えるとみんなは信じているから、明るい未来に向かって歩いていける。

 そして2030年ではみんなが明るい未来を生きていて、はなはアカルイアス社の社長になっていた! 今日もバリバリ仕事をして、部下を励ましていたけどちょうど出産日。ひなせ君が怒るのも無理はない。
 ことりも学校の先生になっていて、アンリはスケートの世界で輝き、この時代のトラウムによって誕生したルールーとえみるが巡り会った。クライアス社幹部たちもこの時代では輝いていて、出産するはなの元にはさあやとほまれも寄り添っている。
 そして遥か未来では、キュアトゥモローになったはぐたんの呼びかけと共に、ついにはぐたんことはぐみが誕生して、新しい命の誕生という明るい明日を感じさせるはぐプリらしいラストで物語は幕を下ろしてくれた……

 今作は育児・応援・仕事の3つを主なテーマとして掲げながら、多様な価値観と誰でもやり直すチャンスが与えられていることに対して真摯に向き合った物語だった。
 また、いじめを受けたはなの過去に対しても、決していじめっ子たちに立ち向かう訳でも仲直りするのではなく、新しい自分を見せつけるという答えはとても感心させられた。復讐をはなが望む訳がないし、また和解だって簡単にできるわけがないし、それではエリとはなが悲しみだけを背負ったままになってしまう。
 何度も夢に迷ったさあやも、過去にトラウマを背負ったほまれも、家族に縛られていたえみるも、クライアス社のアンドロイドとして何も持たなかったルールーも、誰もがやり直すチャンスが与えられた。

 一方で15周年らしくインパクトのあるイベントも豊富に揃っていて、スーパースターズや初代ふたりはプリキュアとの共演、そして秋のオールスターズ前後編とオールスターズメモリーズといった派手な話も複数展開されて、果てはキュアアンフィニやお世話になった人たちみんなもプリキュアになれるという度肝を抜いた絵面も印象的だった。

 次回作のスタートゥインクルプリキュアも多様性をテーマに掲げているけど、Hugっと!プリキュアとどんな差別化を図ってくれるのか今から楽しみになってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)