スター☆トゥインクルプリキュア 第4話 感想 「チャオ!きらめく笑顔☆キュアソレイユ誕生!」

宇宙を照らす! 灼熱のきらめき!
キュアソレイユ!

 放送日 2019年 2月24日 

 脚本 村山 功

 演出 平池 綾子

 作画監督 赤田 信人・高橋 晃

 美術 飯野 敏典

 ついに太陽のプリキュアことキュアソレイユが誕生して、えれなは輝かしいスタートを披露してくれた!
 冒頭から頼りになるお姉さんの雰囲気を漂わせ、驚異的な身体能力と人望を発揮しながら、フワを守りたいという純粋な気持ちでプリキュアになってくれている。太陽と呼ばれるにふさわしいカリスマがあって、これからの活躍ぶりが楽しみになった。
 弟と妹の面倒を見ながらも店番をこなし、さらにはひかるとララの危機に駆け付けてくれたけど、どれだけ彼女はスペックが高いのか? そしてプルンスの存在にも最初こそは驚いたけど、ラストでは時間がかかるという理由だけで家族を優先させる愛情も、まさに太陽のような大きさを感じさせる。
 一方でまどかもフワの存在に気付き、またララに違和感を持ったりと、確実に物語に絡もうとしている……

 ひかるも趣味関連になると異様にアクティブな面をみせるけど、授業には普通について行けてるのを見る限り、決して勉強ができない訳ではないんだよね。日頃から宇宙に関係する本を読んだり、天体観測をしているから学力自体はあったりする? それにララたちの存在もすんなり受け入れているし、元々視野が広くもあるから、実は理解力も強そう。
 そしてフワも天宮家では見事にぬいぐるみのフリをしていたから、かなり空気が読めるタイプに見える。えれなにはバレてしまったけど、あの状況では仕方ないよね。
 そんなえれなも、異様な状況を前にしてはさすがに困惑したけど、まずはフワを守りたいという気持ちが上回った。フワは下の子たちを笑顔にしてくれたし、またえれなだって子どもたちの面倒を見てきたからには、小さい子の涙は見逃せないよね。
 そしてプリキュアに変身するときのかけ声や歌もひかるやララ以上に明るくて、戦闘スタイルも当人の身体能力をフルに生かしている。

 次回はついにまどかも変身するようだし、いよいよスター☆トゥインクルプリキュアも本格的に動き出しそう……
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)