偉大なるヒーローの血を受け継ぐヒーローたちは、悲しい復讐を止めるために戦う! ウルトラマンタイガ 第3話 星の破壊者

賢者の拳は……
すべてを砕く!

 放送日 2019年7月20日

 脚本 林 壮太郎

 監督 市野 龍一

 特技監督 神谷 誠

 ウルトラマンタイタスが見参してくれた!
 コズモテクニカの社長が発射させたロケットによって愛する人の命を奪われたレントを救うため、密かにナナさんの魂を助けてくれていた。

 現実でも悲しい事件が起きているし、そのたびに理不尽に大切な人を奪われたことで復讐に囚われてしまう。その気持ちは否定できないし、ヒロユキやタイガだって大切な存在をトレギアによって奪われたから、あの社長のことを許せない気持ちは充分にある。
 だけど、市野監督が言うように復讐心に囚われたままでは加害者と同じ道をだどることになるし、ましてやタイガたちは守護者の立場にある。ここで復讐を肯定したまま戦っては、それこそトレギアの思うつぼ。
 何よりも、あの社長に必要なことは法の裁き。ホマレのパンチだけじゃ済まされず、あのまま社会的には終わりを迎えそう……

 そして今回のトレギアは、タイガとギャラクトロンMk2の戦いをエンターテイメントのように観戦したのが、彼の悪辣さをより引き立てているように見えた。黒幕であるトレギアが視聴者と同じ立場になっていて、その笑みも実に不敵。
 また、タイタスの参戦によって計画が崩されても、微塵も動揺せずに……むしろタイタスをあざ笑い続ける姿は流石。一方のタイタスも自分のペースを崩さず、堂々とトレギアに立ち向かうのはカッコいい。
 ただ、デブリを増やしたのはどうかと思うよ?

 新しい仲間も増えて、ヒロユキと一体化したことでタイタスは自分の体を取り戻して、ボイスドラマだと筋トレに励んでいた! 長い間、粒子になっていたから、やっぱり筋トレとかできなかったんだね。
 そしてカナ社長も、お金自体に罪はないと言いながらも、あの社長から受け取った小切手を破り捨てるプライドとみんなにお寿司を奢る器の大きさも持ち合わせている。やっぱり、社長の悪行には思う所はあったんだね。
 次回はフーマと、そして劇場版オーブの敵キャラであるデアボリックも登場するけど、初戦の相手としてはかなりハードルが高い……ただ、O-50出身のフーマとしては避けて通れない敵でもあるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)