偉大なるヒーローの血を受け継ぐヒーローたちは、呪われし伝説との戦いに挑む! ウルトラマンタイガ 第7話 魔の山へ!!

呪った後に……おはらいしちゃうぞ!?

 放送日 2019年8月17日

 脚本 林 壮太郎

 監督 神谷 誠

 真夏の時期に合わせているのか、ちょっとホラー風なタイガのお話。
 電波系霊能力アイドルの天王寺 藍は不謹慎系の動画で再生数を稼いで、怪奇スポットにも微塵に怖がっていなかったけど……無断で村人を撮影できるそのメンタルも怖く見えちゃう。ホマレが激怒するのも無理はないし、ヒロユキだって嗜めちゃう。
 配信された動画を通じて宇宙人が絡んでいることを見抜くピリカは凄いし、また保険の心配もしちゃうカナもなかなか容赦がない。イージスって余裕がないのかな?
 ピリカの予想通り、今回の事件にはババルウ星人とフック星人が関与していて、フック星人はまだしもババルウ星人は久しぶりの悪役になったね。オーブの馬場先輩が特例だっただけで、本当はババルウ星人はガラの悪い連中だと再認識しちゃう。
 
 ホマレはフック星人を軽く蹴散らして、むしろ畏怖させた。只者ではないオーラは相変わらずだけど、その正体は本人が言うように想像に任せるしかない。ジードのシャドー星人みたいに、何か重い過去を秘めていそう。
 一方のババルウ星人は巨大化して、その速さでタイガを翻弄したけど……スピードにはスピードでフーマが立ち向かって、ババルウ星人を倒した。フーマでババルウ星人を倒したのは、先輩のオーブが成し遂げなかった対戦カードの実現でもあるかな?
 そして、その直後には封印されていたナイトファングが現れて、フーマだけじゃなくタイガすらも圧倒した所で話が終わったけど……あんまり驚異的に見えなかったのが残念。

 Youtuberの中では、動画数獲得のために過激な配信をする人もいることに対する風刺も込めながら、村の薄気味悪さも上手くにじみ出してくれていた。
 ただ、タイタスの出番が少なかったのは残念だったけど……その分だけ、ボイスドラマで濃密なまでに掘り下げがされていて、タイタスの葛藤とマティアとの絆、そして力の賢者タイタスが誕生する経緯がきちんと描かれていた。やっぱり、ボイスドラマのパートも映像化されて欲しいな……

 そして来週ではついにタイガのパワーアップ形態であるフォトンアースが降臨する!
 ウルフェスライブステージ2部では、ギーストロンと共に先行登場を果たしたけど、今回はガイアみたいに地球の力を受けてパワーアップするのかな?
 カッコいい姿だけど、タイタスやフーマの活躍を奪わないことを祈っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)