スター☆トゥインクルプリキュア 第34話 感想 「つながるキモチ☆えれなとサボテン星人!」

サボロー、あたしは……
あなたと友達になりたいんだ!

 放送日 2019年 9月29日

 脚本 小林 雄次

 絵コンテ 入好 さとる

 演出 ひろしま ひでき

 作画監督 稲上 晃 アリス・ナリオ

 美術 渡辺 佳人 デビー・リー

 宇宙星空連合から視察が来るとアブラハム監督から連絡があり、ひかるたちはおもてなしをすることに。監督だけじゃなく、色んな調査員を派遣することでより地球のことを調べようとしてるのかな。
 ユニだけが乗り気じゃない一方、ひかるたちはおもてなしをする情熱を燃やしていて、宇宙人であるララすらもやる気満々になっている。地球育ちも長いと自信がついたのかな。ひかるたちがハイテンションな一方、ユニだけがちょっと引いている姿が可愛らしかった。
 そしてひかるはプラカードを用意して調査員のサボローを待つけど、予定時間はとっくに過ぎてしまっている。でも、つぼみのような宇宙船がようやくやってきて、中からはサボテンのような宇宙人のサボローが現れた! メキシコ人が被るようなソンブレロや、メキシコ風の衣服に身を包んでおり、また体もサボテンのようにトゲがたくさん生えている。でも、どこの星の住民なのかはララすらも知らず、プルンスも通訳ができない。
 だけど、サボローがしたジェスチャーの真意をえれなは受け取って、彼を水飲み場につれていく。ひかるはダンスをしていると解釈した一方、ここまで完璧に理解したえれなはまさに太陽のように輝いている! お母さんが通訳の仕事で大活躍した影響かな? 
 視察こと観光案内(?)をして、サボローを天文台に連れて行ってりょうじいに会わせたけど、これでまた一人りょうじいに宇宙人の友達が増えたね。えれなに案内されて楽しそうなサボローだけど、ユニはサボローが視察員なのかを疑ってしまう。ユニは変装をして多くの人に嘘をつき続けたことがあるから、逆に誰かの嘘や勘違いにも敏感になってるのかな。実際、今回現れたサボローは別人で、本物はサボってバカンスをしていたし。

 えれなのパパのカルロスも久しぶりに登場して、初対面のユニを思いっきりハグした。彼のおおらかさは相変わらずだけど、ユニは絶対に戸惑っている。ユニはあまり人と接しなかったから、カルロスのような過激なスキンシップには絶対慣れていない。
 そのままサボローにもハグをしそうになったけど、ひかるとまどかが上手くごまかしてくれた。ここでサボローをハグしたらパニックになりそうだし、カルロス自身も大怪我をするはず……ひかるたちの判断は正解だね。
 そしてえれなは友好の証としてサボローに花をプレゼントしようとするけど、サボローには許しがたい行いだったみたいで、怒ったサボローは宇宙船に引きこもってしまった。ここまで、サボローのことを上手くエスコートしたえれなだけど、ちょっとしたすれ違いが原因で相手を怒らせたのは本当にショックだった。ひかるとララの喧嘩みたいに、えれなは周りを上手くまとめていたことが多いから、相手を怒らせたことに対するショックには弱いのかも。サボローの方も、過去のトラウマが原因で傷付くことには敏感そうだったし。
 でも、えれなのママことかえでは通訳の中でもわかりあえないこともあるけど、それでも理解しようとする気持ちこそが大事と諭してくれた。このママがいてこその、大らかなえれながいるんだね……

 サボローはテンジョウにノットレイダーにされてしまうけど、えれなの真心があったからこそ暴走を止められたし、言葉が分からなくても気持ちを通じ合うことができた。
 えれなが真心は脚本の小林氏が言うように暖かかったし、またサボローの悲しみだって癒すきっかけにもなったよね。サボローは地球の文化を知って、自分にとって大切な存在である花をえれなにプレゼントしてくれたし。
 サボローとえれなは深い友情で結ばれたから、これからのサボローは宇宙で旅をすることになっても、決して悲しむことはないはず。

 

 そして28日は三軒茶屋にて「スター☆トゥインクルプリキュアLIVE2019 KIRA☆YABA!イマジネーションライブ」が開催されていたので、お昼の部だけ参加してきた!
 成瀬氏は本当にひかるちゃんそのもので、上坂氏はマオとユニの曲を歌いながらブルーキャットの帽子もかぶっているなど、またみんなの歌唱力は本当に素晴らしかった。歌とダンスに熱中しすぎてて、自分はプルンスであると意識しながら本気で応援しちゃった……
 また、来年の二月にはスタプリの感謝祭も東京と大阪で開かれることが発表されたから、完結祝いと次回作とのバトンタッチも兼ねるのかな? そろそろスタプリも終盤に差し掛かることが寂しいけど、同時に次回作プリキュアの準備に入る時期にもなっていくから、ワクワクも生まれるのもまた事実……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)